カフェ開店祝いには胡蝶蘭を!

公開日: : 未分類

カフェの開店祝いはその人にとっては一生に一度ですので変な開店祝いは贈りたくないですよね。開店祝いの贈り物としてカタログギフトやお酒類、家電、オフィス用品、お菓子の詰め合わせなどありますが、一般的に華やかなお花が適しているといわれています。ということで、カフェ、喫茶店の開店祝いにおすすめな胡蝶蘭をご紹介します。

~胡蝶蘭について~

胡蝶蘭はラン目ラン科ファノレプシス族属の非耐寒性多年草です。熱帯地方の樹木にくっついて木から栄養分を吸い取って生活する着生植物です。根が木にくっつくためにたくさん出てくるため鉢花の場合「根付く」というイメージを持たれることが多く、縁起のいい贈り物として喜ばれます。また、花持ちも他の花鉢に比べると大変長く、毎日の水やりを必要としないので手入れも少なくいつまでも楽しむことができるので、贈られた後も喜ばれることが多いようです。しかし、熱帯地方出身ですので0℃以下には弱いようですのでお気を付けを。

~「胡蝶」蘭~

花の名前にある「胡蝶は」、チョウ(蝶)そのものの意味以外に、チョウをモチーフとした舞のことでもあります。胡蝶蘭の花弁は蝶の羽に似ており、それが多数あることから「舞」というイメージも持たれているのかもしれません。

別の話ですが、熱帯地方のジャングルの中で一つの花茎に多数の花が咲く胡蝶蘭を見つけたとき、感激が押し寄せてくるようです。

~胡蝶「蘭」~

蘭は昔から子孫繁栄と強く結びつけられていました。そのため当時の女性は実際に蘭の花を食べたり、お茶などにして体に入れていたようです。これが現代まで引き継がれてきて、蘭は「繁栄」のシンボルとなりました。

また、胡蝶蘭はラン科の中でも比較的丈夫で、最低限の環境を用意すれば、枯れることがなく「安定」して「長く」鑑賞することができ見る人を楽しませてくれます。花は咲くと1~2か月持ち、室内でも育てることができますので、貰った人の負担になりません。

蘭には繁栄としてのシンボルや安定して長く楽しめることが、お店の繁栄や安定につながり開店祝いとして喜ばれるのかもしれませんね!

~胡蝶蘭の花言葉~

この世界中に花は約20万種あると考えられています。その花には様々な花言葉があります。有名どころでは、バラの「愛」「美」やチューリップの「思いやり」、コスモスの「乙女の真心」「調和」「謙虚」などがあります。

胡蝶蘭は、西洋では「愛情」「美」「高級」「上品」として知られています。また、胡蝶蘭には白やピンク、黄、青、紫など種類があり、それぞれにも違った花言葉があります。しかし、共通して「幸福が飛んでくる」という花言葉があります。胡蝶蘭は何となく花の形が蝶の羽に似っているので、花にひらひらと蝶が舞ってくるように幸せが舞い込んでくることが連想させるのかもしれないですね!

関連記事

no image

還暦祝いの贈り方

暦祝いは満六十歳を迎えた方のお祝いです。 長寿祝いの一つとして家族や職場でお世話になった方へ還暦祝

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
カフェ開店祝いには胡蝶蘭を!

カフェの開店祝いはその人にとっては一生に一度ですので変な開店祝いは贈り

no image
還暦祝いの贈り方

暦祝いは満六十歳を迎えた方のお祝いです。 長寿祝いの一つとして家族や

→もっと見る

PAGE TOP ↑